サポート情報: CSRの作成
CSRとは
Posted by - NA - on 2008 September 12 17:24

CSR (Certificate Signing Request)とは、証明書を発行するための署名要求とよばれるファイルです。
認証局は、提出されたCSRを元に認証機関としての署名をしてSSL証明書を発行します。
CSRは公開鍵の情報以外に、作成時に指定した組織名や組織の所在地などの情報が含まれます。
SSL証明書の申請前に、SSL証明書を導入するのウェブサーバーでCSRと秘密鍵を作成してください。

  • 認証局から発行されたSSL証明書は、CSRを作成する際に使用した秘密鍵とだけペアを構成することが出来ます。別の秘密キーから全く同じ組織名や組織の所在地などの情報でCSRを作成しても、証明書を利用することはできません。
  • CSR発行時に指定する組織名などは、証明書を導入するサイトの運営者の情報としてください。証明書の申請情報とCSRが不一致の場合、再申請が必要になる場合があります。
  • CSRを作成後、秘密鍵をサーバー外の別のメディアに保存し、安全な場所に保管してください。秘密鍵がないと、証明書の再取得が必要です。
  • CSR発行する際は、スペルミスなどに気をつけてください。証明書発行後に変更することはできません。
  • 同じ情報で同じ手順でCSRを再度作成しても、同一のCSRを作成できません。

Help Desk Software by Kayako fusion