サポート情報
秘密鍵エラーでインストールが出来ない(CSR弊社作成代行の場合)
Posted by - NA - on 2010 December 10 16:28

証明書お申し込みの際に弊社CSR生成代行を希望されたユーザー様には、
証明書を納品させていただく際に弊社にて生成しました秘密鍵を同梱させていただいておりますが、
弊社生成の秘密鍵は「PKCS#8」規格に準拠したフォーマットとなっております。

一部環境、サーバー管理ツール(コントロールパネル)において、PKCS#8形式の秘密鍵を受け付けない為に
SSL証明書のインストールが行えないという現象が確認されておりますが、
そのような場合、SSLプロトコルを実装したソフトウェアである「OpenSSL」をご利用いただく事で、
認識可能な形式に変換する事ができますので、下記をご参考に変換をお願いいたします。

■ Linux/FreeBSD/MacOS X/UNIX環境等の場合

ほとんどの環境ではすでにOpenSSLがインストール済となります為、
秘密鍵をFTP等でアップロードされた後、SSHまたはtelnet等でアクセスし、シェル上で下記の様にコマンドを実行してください。

openssl rsa -in お送りした秘密鍵のファイル名 -out 変換後の秘密鍵のファイル名

実行例:
openssl rsa -in www.sample.co.jp.key -out www.sample.co.jp.key2

■ Windows環境の場合

Windows環境には標準でOpenSSLが含まれない為、別途インストールが必要となります。

http://www.slproweb.com/products/Win32OpenSSL.html

上記のサイトにWindows用に作成されたOpenSSLがございますので、

Win32 OpenSSL v1.0.0c (バージョンは更新されている場合がございます)
Visual C++ 2008 Redistributables

をインストールして下さい。

# 弊社では上記のソフトウェアを用いて変換が正常に行われる事を確認しておりますが、
上記のソフトウェアをインストール、ご利用された事によるトラブル等については弊社では保障出来かねますので予めご了承ください

インストール後、コマンドプロンプト上で下記の様にコマンドを実行してください

openssl rsa -in お送りした秘密鍵のファイル名 -out 変換後の秘密鍵のファイル名

実行例:
openssl rsa -in www.sample.co.jp.key -out www.sample.co.jp.key2

■ 環境をお持ちでない方

弊社にて秘密鍵の形式を変換し、再送させていただきますので、
お手数ですがWebサポートページよりお問い合わせくださいますようお願いいたします。


Help Desk Software by Kayako fusion